柏市の家族葬にかかる費用について

近年では核家族化や、葬儀に参列してもらえる人も少なくなっていることから、近親者や日ごろ親しくしている人のみで行う家族葬が多く選ばれています。この葬儀スタイルの場合には、遺族も葬儀の手配に追われることがなく、ゆっくりと故人と最後の別れをすることができます。またこの葬儀方法は、決まったスタイルがありません。そのため故人の生前からの希望や、家族の希望に合った自由なスタイルでお葬式をすることができます。しかしこのスタイルのお葬式を選ぶ場合には、故人が生前お世話になった人たちに、きちんと身内で葬儀を行うことを告知するなどの配慮が必要になります。参列者が少ないため葬儀費用を安くすることもでき、この費用の面から選ぶ人も増えています。それでは柏市でこの葬儀を行うときには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

一般的な葬儀よりも費用を抑えることができます

柏市で家族葬を行うメリットとしては、参列者が少ない分、飲食接待費などを抑えることができ、総合的な費用を安く抑えることができるということがあげられます。また故人や遺族の希望にそった葬儀を行うことができ、基本的には身内のみの参列になるので、ゆっくりと故人を見送ることができます。通常の葬儀の場合には、弔問客の対応に追われ、ゆっくりと故人とお別れをする時間もなく、時間が過ぎ去ってしまいます。ここで注意しなければいけないことは、斎場などを借りてこの葬儀を行う場合には、反対に費用が高くついてしまう場合があります。これは参列者が少ないことで、いただく香典の金額が少なくなるということにあります。自宅でこの葬儀を行う場合には、それほど費用もかからず、安く抑えることができるでしょう。

実際にかかる費用はどれくらいなのか

それでは実際に、柏市で家族葬を行う場合にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的な葬儀の場合には、争議本体の費用、お寺に支払いをする費用、参列する弔問客への飲食接待費の三つの費用がかかることになります。しかし身内だけで行うこの葬儀の場合には、お寺に支払いをする費用以外は、大幅に抑えることができるでしょう。一般的な葬儀と比べると、質素でシンプルなものにする傾向が多く見られます。大型の祭壇や派手な装飾などもあまり行わないケースが多く、葬儀本体にかかる費用も、大幅に抑えることができます。そして基本的には身内やごく近しい知人のみが参列するので、料理や返戻品に費用をかける必要もなくなります。この葬儀方法の一般的な費用としては、安いところでは20万円かからないケースも見られます。反対に約120万円もの高額な費用がかかるプランも存在します。葬儀社に依頼する場合には、前もって見積もりを出してもらうようにしましょう。